マンション投資にはどんなリスクが有るのか

マンション投資には、いろいろリスクが有って、まず一番多いのが入居者が入らなくて、家賃収入が得られないということです。入居者探しを不動産屋に委託してもすぐに入居者が決まるわけでは無いです。その間家賃収入は有りませんから、ローンでマンションを買った人は、給与所得でローンを払うことになります。他にもリスクとしてマンションを高く売れない場合が有ります。マンションを転売の目的でマンション投資をして、マンションが売れなければ、値を下げる必要が有り、売れないままだとマンションに対しての固定資産税を払い続けることになります。そして安くして売って売却損が出ることになります。マンション投資は簡単に儲かりそうでリスクが有ります。だからマンション投資をする時は、確実に入居者が入るのを見込めるか、転売目的なら確実に売れるかを調べてからマンションを購入することです。そして出来るだけローンを活用しないで、マンションを購入することです。

マンション投資に失敗する事例を把握しておこう

マンション投資は安定して収入が得られると考える人もいるようですが、失敗することもあります。絶対に成功するということは、どの分野にもありません。それを考えれば、マンション投資で失敗することがあるといっても、何も不思議なことはありません。不動産を持っていれば安全だと考える人もいるようですが、完全に安全ではないということも知っておくべきでしょう。マンション投資で失敗する原因になりやすいものの一つがローンです。マンションを取得するときにローンを組み、そして賃料収入から返済をしていくわけですが、空室率が上昇すると賃料収入が減り、それによってローンの返済ができなくなることがあります。ローンで多くの資金を借りると初期費用は抑えられるのですが、その後のキャッシュフローは悪くなるということも知っておく必要があります。借りるときには返済のシミュレーションを綿密に立てておくことも必要ですし、借りすぎないようにすることも必要です。

借金をしてマンション投資をする時の注意点

マンション投資は不動産投資の中でも一番手軽に出来ます。マンション一室ですから入居者も集めやすく、物件も土地が無い分他の不動産投資よりも資金が少なくて済みます。ただそれでも不動産投資ですから、始める時はそれなりに資金が必要です。だから借金をしてマンション投資をする人達もいます。それで借金をしてマンション投資をする時の注意点ですが、まず物件の価格が適正かです。銀行から融資を受けられるとはいえ、割高な物件を買ったら、利益を得るのに時間が掛かるし、その間返済が長引いて金利負担も多くなります。次に入居者が入らなくても返済を続けられるかです。入居者からの家賃収入を当てにしてローンを組んで、いざ購入したけど入居者が入らなくてローンの返済が出来なくなったでは、マンションを手放すことになります。だからマンション投資を借金でする場合は、家賃収入が入らなくてもローンを返済出来る収入が無いならば、マンション投資を始めないことです。

マンション投資は表面的な利回りだけでは判断できない

マンション投資がどれだけ利益が出るかを表す為に利回りということが使われています。それは購入したマンションの価格に対して家賃収入が何パーセントかを表しているだけで、本当の利益を表すものでは無いです。マンションを購入する時はスーパーやコンビニで物を買うのと違って、不動産手数料や名義変更の経費などいろいろ経費がかかってきます。そして保有しているだけで、固定資産税を払わなければならなくて、さらに修繕費が必要になってきます。だからマンション投資は利回りが高くても、そういう経費を引けば実際の利益がそんなに多くないことが分かります。そして入居者が入らなければ、その間収入はゼロになりますから、マンション投資は簡単に儲かるとは思わないことです。マンション投資は表面的な利回りだけで判断せずに、実際の経費や入居者が入ってくれるかを考えて始めるようにしないと、後でマンションを買った後、こんなはずではなかったと後悔することになります。

マンション投資のメリットの一つが節税です

マンション投資をするメリットの一つが節税です。どのような経営を行っていたとしても、支出はできるだけ抑えたいと考えるのは自然なことでしょう。ほかの経費であっても税金であっても、キャッシュが出て行くことには変わりはありませんから、節税したいと考えるのは自然なことです。マンション投資では、税金をかなり安くできるというメリットがあり、そのために個人や法人の中には投資したいという人もたくさんいます。マンション投資で節税できる理由は、まず税制がそのようになっているからです。不動産を保有していれば固定資産税を支払わなければなりません。マンションなどの住居としての不動産を持っている場合、固定資産税の金額が安くなります。国としては住宅を潤沢に供給したいと考えているために、このように税制面で優遇がなされています。オフィスビルなどを持つよりも、アパートやマンションを持ったほうが、税制面では優れていると考えられるのです。

マンション投資の迷惑電話が多い理由について

昔から財産3分割法と言われて、株式、現金、不動産の3つに資産を分けておくことが良いとされています。不動産と言えば、土地のことでしたが、最近では利回りを重視したマンション投資が人気です。マンション投資には、一棟投資と区分所有投資に別れます。区分所有とは、ワンルームやファミリーマンションなどの1室に投資することです。一棟投資とは違い、比較的少額で投資できるというメリットがあります。マンション投資には、確かに魅力的な物件も数多きあるのですが、何故、マンション投資の営業には迷惑電話が多いのでしょうか。魅力ある物件の場合には、放っておいても買いたい顧客から問い合わせが入ってきます。ところが、不人気物件には誰も関心を示しません。つまり、迷惑電話は、多くの場合は魅力のない物件を販売する目的で掛かってきます。リストなどで電話営業をかける場合がほとんどですが、数をこなさなければなりませんので必然的に迷惑電話となります。不人気物件を少しでも高く売りたい訳ですから、業者のほうから積極的に営業をしなければならないのです。このような業者の場合には、紹介するローンも金利が高いケースが多く注意が必要です。ワンルームマンションも税制が変更されてからは、ほとんどメリットがなくなりました。区分所有マンション投資の場合には、よほど人気エリアの物件でないと魅力があるとは言えません。

このページの先頭へ